2005年04月27日

兵庫の脱線事故について思うこと

兵庫の脱線事故。

そのニュースを知ったのは発生から約半日後(遅っ!)

友人が兵庫に住んでるので他人事ではない。

しかしまぁ、昼間まだニュースを知らない時に普通にメールが来たから無事だとは思ったけど。

慌てたのなんのって。

慌てて地図引っ張り出して来て友人の住所を探したりした。
結局地図が古い上に大雑把なので良く分からんかったんだけど、余計焦る。

ニュースで実際死人が出てる市なのでマジで焦った。

メールしたらば、彼女も、彼女の友人達も大丈夫とのこと。一安心。

しかし、彼女が普段使ってるのがこの線らしく、方向が違うからあまり乗らないとのこと。


もし何かの偶然で彼女が乗っていたら…と思うと、JRに憤りを感じずにはいられない。

(元々私はあまりJRが好きではない。だってすぐ止まるのに復旧遅い)

・・・ここからはちょっと真面目に、かつちょっと厳しく語ってみようと思う。

遅れを取り戻そうとするのは分かる。焦ってしまうのも分かる。

でも、もっと自分の仕事に責任持って欲しい。
嘘の報告して、制限速度オーバーしても、時間通りにつけばそれで良いと思うのは、
プロと言う以前に社会人としてどうだろう。

実際私の同僚がそういう人なので、かなり他人事ではない。

失敗は仕方ないし、それを取り戻そうとするのは分かる。
でも、もっと大切なことがあるんじゃないのか?
それを焦って忘れてしまうのは、仕方ないとは言えない。

一応社会人として働く身としては、自分の仕事に責任を持って
最低限守るべきものを常に心に留めておくべきだと痛感する。

犠牲者の方のご冥福をお祈りします。
そんなことしか出来ないから、せめて、自分の仕事に責任を持って。


そんな事を考えながら、私は今日も電車に乗る。
某私鉄は、いつもより心なしかスピードを落としているように思えた。
でも、それくらいしてくれてもいいんじゃないだろうか。亡くなった人達の為にも。


・・・と、たまには真面目に語ってみたり。

書いてて、同僚をさっさとクビにした方がいいんじゃないかと本気で思えて来た…。
posted by 浅川 at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。