2007年03月23日

西尾維新/戯言遣いシリーズ 第01巻 クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

久々に本のレビューでも。

色々な所でプッシュされている為読んでみましたが。

正直、微妙かも…。

これは推理小説のジャンルではないよね?

第1の事件の密室は直後に分かったし、
第3の事件の時点で犯人分かったし。

意外なのは動機だけって、そんな。

キャラは個性が強くて良いし、
テンポも良い、読ませ方も良い。
のだけれども。

哲学的な会話や専門知識入れるならもうちょっとトリック凝って欲しかったなぁ、と。

て言うか、CSI慣れしすぎちゃってこの位のトリックじゃ満足出来ないんだろうなぁ。

続きを読むか迷う所。
posted by 浅川 at 03:10| Comment(1) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。